「一人勝ち・大儲け」の発想から、
地域の利益・社会の利益・多様な利益 への発想の転換…
新しいビジネスの基準を一緒に考えてみませんか。


2002年12月8日(日)
11:00〜16:00 ウィルあいち大会議室

多数のご参加ありがとうございました!

今回出展した事業者は14、各ブースを88名の投資家がフリーマーケットのように自由に回り、事業者の理念やプラン、コンセプトなどから地域社会へもたらす利益という観点から投資を行いました。8億8000万円の投資市場で投資された金額は7億320万円。投資率は80%と積極的な投資が行われました。


◆出展者一覧◆
◆名古屋コーチングラボラトリー協同組合(NCL)宇井克己
◆特定非営利活動法人エコワークス 紀藤敦子
◆風”S(ふ〜ず)土井ゆきこ
◆エコクラフト 矢井清和
◆C&I(シーアンドアイ)尾関俊美
◆interior design office H&E 納戸道子
◆かなりや 小野寺敬子
◆マツギ屋便利店 松岡勲
◆(有)リライアンス 前田ひさ子
◆欅舎(けやきしゃ)飯島宏子
◆写真工房ゆう 河内裕子
◆空色曲玉 谷陽子
◆ママの店(NPO法人あっとわん)河野弓子、治郎丸慶子
◆Wil's-Net 熊崎由香、小林順子

もっとも投資を集めたのは春日井市のママの店(NPO法人あっとわん)。
1億1100万円の出資金をバーチャルではありますが手にしました。


ママの店 NPO法人あっとわん
事業内容/雇用創出のための企画開発事業
理念/自立する市民の場づくり
事業コンセプト/地域で誰もが働くために

◆あなたの事業は地域や社会に何をもたらしますか?
本来雇用されない人達。例えば、小さい子を育てている母親、障害児を育てている母親、障害者本人等、でも働ける場所作りを提案します。それらは、地域の活性化に必要なのです。なぜなら、これらを支援する為の団体の育成や、レスパイト事業の促進、雇用による本人達の身辺自立、などを促す事ができるからなのです。
◆今回の出資金を、どのように使いたいですか?
地域に同じような場を作っていきたいと考えています。また、それらを支援する団体や、グループなどを育成する為にも使いたいと考えます。こういった小規模な事業が、たくさん点在することを望んでいます。そのための指導や運営を支援するのために使いたいです。


★参加者の声★
■出展者Aさん
お客様(投資家)からの厳しい突っ込みにドギマギしながらもそれは私にとってかけがえのないアドバイスでした。起業市場の熱気が、次の一歩を踏み出すエネルギーとなりました。
■投資家Bさん
投資家として投資をするときに、直接、事業者の声を聞けるのは 非常に面白い。単なるお金ではなく、自分の未来の一部を彼ら(出展者)に預けるつもりで投資をした。
■投資家Cさん
本当の利益とはなにか。ひょっとしたら自分はよくわかっていなかったのではないか。そんな宿題をもらったような気がする。
■投資家Dさん
起業を目指す私も投資家として参加しました。出展者の熱い想いが投資家の心を動かすのを肌で感じ、とても刺激になりました。

2003年 : 第2回大起業市場
  ホームへ